ATOMIC AQUATICS

オクトパス

M1 Oct

専用使用を前提に、酸素濃度80%までのナイトロックスに対応

  • ¥68,000(本体価格)
  • 発注コード:イエロー(ATC1202Y)
  • スイベルジョイントなし

アトミックのオクトパスを選択する理由

殆どのメーカーが、「経済的」で、「高性能」と標榜するオクトパスを作っています。
しかし、他社のどんな高級なオクトパスでも、アトミックのセーフセカンドシリーズにかなう性能を持った製品はありません。アトミックのオクトパスは、それぞれ独自に設計され、対になるメインレギュレーターと同等の性能を発揮するように作られています。つまりオクトパスを選ぶ時には、どの機種を選んだら良いかが、すぐに分かるのです。
アトミックのオクトパスには、全て91cmのホースがついています。

メインレギュレーターと同仕様にする意味

アトミックのオクトパスは、緊急時のストレスを軽減します。
もしも、緊急時に質の悪いレギュレーターで呼吸することになったとしたら、いかがでしょうか? オクトパスは楽に呼吸できることが絶対条件です。アトミックレギュレーターのセカンドステージは、目立つ黄色いフェイスカバーと通常より長い91cmのホースに付け替えることによって、そのままセーフセカンドステージとして使用することができます。つまり、アトミックのオクトパスは全て、基本的にメインレギュレーターのセカンドステージと全く同じ仕様になっています。 

M1 Oct(スイベルジョイント付き)

M1オクトパスは、(ナイトロックス専用を前提に)工場出荷時には酸素混合比が80%までのナイトロックスに対応するように製造されています。デマンドバルブはジルコニウムコーティングされた真鍮製。熱伝導率が高く、ヒート・シンク機能によって、冷水下(寒冷地)で潜った時の凍結を防止します。デマンドバルブの重要な金属部分は、全てチタンもしくは316ステンレスで作られており、完璧な防錆性を持ち合わせています。また、フロントカバーは流れやうねりの強い時でも、パージボタンが押されて誤作動しないように設計されています。